鉄拳4
TEKKEN 4
SINCE 2001

メニュー

鉄拳シリーズ

技表注釈
右記のコマンド方向は自分が左側にいる時のものです
鉄拳4 システム
ニューシステム
ポジションチェンジ

  相手に接近して + or or or
  • ボタン後のレバー方向へ相手を移動させることができます。
  • 移動させられた相手はレバーの方向に関係なく、自分のキャラと向かい合う状態になります。
  • 相手の背後からポジションチェンジした場合、ポジションチェンジ後もそのまま後ろ向きになります。
  • で抜けることが可能です。
  • レバーニュートラル の場合 と同じ効果
壁、段差(アンジュレーション)、障害物
  • ステージによって広さや形、段差や障害物の有無が異なります。
  • 壁や障害物を使った壁コンボや空中コンボが可能になります。
  • 段差により普段入る空中コンボが入らなかったり、ヒットしていた技がヒットしないケースもあります。
  • 2ラウンド以降は1ラウンドで試合が終了した位置の近くから始まります。
  • 障害物に一定量以上のダメージを加えると、障害物が破壊されます。障害物が破壊された後はその分だけステージが広くなります。
  • 壁際での攻撃を受けた際に、受け身を取ることができます(壁際での攻防を参照)。
壁際での攻防

  壁やられ(強)
  • 「吹っ飛ぶ技」か「ダウンする技」がヒットしたキャラが壁にぶつかった状態です。
  • 壁ダメージがあります。
  • 相手を壁に当てた技によって、ダウンするまでの時間が変化します。
  • 技を当てられるかダウンするまで、やられ側は操作不能になります。
  • 何もしないと、そのまま前のめりにダウンします(地面に倒れる瞬間に通常受け身可)
  • ダウンするまでの間、攻撃側は技を当てることができます。
  • 1発でも技を当てると相手は壁やられ(中)状態になり壁受け身とガードが可能になります。

  壁やられ(中)
  • 壁やられ(強)の状態で技を1発食らった後、もしくは浮かせ技で宙に浮いたキャラが壁にぶつかった場合この状態になります。
  • 壁ダメージがあります。
  • 何もしないとそのままダウンし、地面に足がついた瞬間からレバーを後ろ方向に入れることでガード、ボタンを押すと壁受け身ができるようになります。
  • 壁やられ(強)と同じくダウンする瞬間に通常の受け身をとることができます。
  • 横を向いた状態で壁にぶつかったときのみ壁受け身不可になります。

  壁やられ(弱)
  • 壁際で通常の攻撃がヒットした時にこの状態になります。
  • 壁ダメージはありません。
  • 基本的に通常時とガード後の硬直差はありません。
  • ポジションチェンジで壁に当てた場合、壁ダメージと硬直差があります(ポジションチェンジの方向により変化)。

  壁受け身
  • 壁やられ(中)状態で足が地面についた瞬間から使うことができます。
  • パンチボタンで画面奥、キックボタンで画面手前へ受け身を取ります。
  • 受け身中はダウン受け身と同じく無敵時間があります。

  ダウン受け身
  • 壁やられ(中)(強)状態から地面に倒れる瞬間にボタンを押すことで、ダウン受け身をとることができます。
  • 壁やられからの受け身はボタン受け身のみでレバー受け身はできません。
ステージセレクト
  • 対戦時に、乱入した側がステージを選ぶことができます。
  • はじめはランダムですが、レバーを左右に入れると好きなステージを選べます。
  • ステージによってはレバーを上下に入れることでスタート位置も選ぶことができます。
試合直前の移動
  • 試合直前の「READY」の文字が画面に出ている間、キャラを移動させることが可能です。
  • 攻撃はできませんが、横・前・後ろ方向へ自由に動け、構えのあるキャラクターは試合前に構えることができます。
  • これを利用して特殊移動(風神ステップ等)・横移動・しゃがみ・ジャンプからの技を、試合開始後瞬時に出すことができます。
壁を使った反転攻撃

壁を背にして
  • キャラクターによって反転攻撃のモーションが違います。
  • 中段攻撃。
ページトップ


ベーシックシステム
基本動作
動作 コマンド 備考
前進  
ステップイン  
走る or
  • 相手と離れた状態から
後退  
ステップアウト  
上中段ガード or  
下段ガード
  • の下段ガードは不可に
左パンチ  
右パンチ  
左キック  
右キック  
投げ技 相手に接近して or
  • コマンド変更
  • で投げ抜け
下段さばき 相手の下段攻撃にあわせて
  • 全キャラクター使用可に
  • コマンドの下段さばきは一部のキャラクター以外不可に
しゃがみ or
  • 横移動の変更に伴い でのしゃがみ不可に
  • しゃがみ中 ではしゃがみ状態持続
小ジャンプ  
ジャンプ
  • or のジャンプ不可に
横移動 画面奥 or
画面手前 or
  • コマンド変更
  • レバーを真上か真下へ入れた瞬間に横移動
  • 横移動後レバーを入れっぱなしで、歩き続けることができる(上下方向のみ)
ダウン攻撃 ( or or )  
ページトップ
起きあがり・受け身
動作 コマンド 備考
ボタン受け身 着地と同時に or で画面奥へ受け身
着地と同時に or で画面手前へ受け身
 
レバー受け身 着地と同時に で後転受け身
着地と同時に でクイック受け身
 
クイック回復 ボタン連打
  • 連打が速いほど回復が早い
その場立ち ダウン中 or or  
その場しゃがみ立ち ダウン中 or or  
前転 ダウン中  
後転 ダウン中  
横転(画面手前) ダウン中  
横転(画面奥) ダウン中  
ダウン状態を維持 ダウン中 or 横転中  
起きあがり中段キック ダウン or 前・後・横転中  
起きあがり下段キック ダウン or 前・後・横転中  
クロスチョップ 前転 or 後転中  
スプリングキック 相手足側仰向けダウン中 or  
牽制キック 仰向けダウン中 or  
ページトップ
ダッシュ・走り
動作 コマンド 備考
タックル 3歩以上走って相手に接触
  • マウントポジションへ移行
スライディング 3歩以上走って  
スラッシュキック 3歩以上走って  
ランチョップ 3歩以上走って  
ショルダータックル 4歩以上走って立ち状態の相手に接触  
踏みつけ 4歩以上走ってダウン中の相手に接触  
ページトップ

コマンド説明
コマンド説明
レバー・ボタン 説明
レバーを矢印の方向へ短めに入れる
レバーを矢印の方向へ長めに入れる
レバーをニュートラルにする
(レバーがどの方向へも入っていない状態にする)
白く塗りつぶされたボタンを押す
(左記の場合は左パンチボタン)
白く塗りつぶされたボタンを同時に押す
(左記の場合は左キック、右キックボタンを同時に押す)
レバーとボタンを同時に入力する
(左記の場合はレバーを前に短めに入れて右パンチボタンを押す)
【 】内のコマンドを素早く(スライド)入力する
しゃがみ中 完全にしゃがんだ状態からコマンド(左記の場合は右キック)を入力
立ち上がり途中 しゃがみ状態からレバーをニュートラルに戻し、立ち状態になるまでの間にコマンド(左記の場合は右パンチ)を入力
しゃがみ途中 立ち状態からレバーを下方向に入れ、しゃがむまでの間にコマンド(左記の場合は左キック)を入力
ページトップ